Magic Creator


by ELECTRICSHEEPs

カードキューブ

故トミーワンダー師の作品で、カードの柄が書いてあるキューブがあって、組み合わせでほとんどのカードが作れる子供のおもちゃで演じます。観客にキューブの説明をして、引いたカードと同じ柄に並べ替えるのに、砂時計が落ちるまでにそろえるゲームをしましょうといいます。カードを引いてカードを開くと同時に砂時計も回転させます。
マジシャンはあわてることなく、喋っています。観客のほうが落ち着かなくなりますが、マジャンは落ち着いてカードキューブの蓋を開けると、既にそろっています。最近では、前田 知洋師匠も演じているカードキューブ。
会話を楽しみながら、小さなストーリーになっています。仕組みやゲームの理解をしてもらうプロセス、参加をしてもらって役割を理解させるプロセス、間合いを生かして進めていくこのマジックは、観客とのやり取りを学ぶにはいいマジックです。もちろん反応もよく大好きなネタです。きれいな木製の質感のいい箱でコレクションとしてもいいんです。こんな質感のいい製品はなかなかありません。テクニカルに技を競うのもいいけど、観客と会話しながらマジックを楽しもうではありませんか~♪
f0071362_835779.jpg

トミーワンダー師の演技あったので追加!

[PR]
by ELECTRICSHEEPs | 2010-01-13 08:04 | Magic