Magic Creator


by ELECTRICSHEEPs

<   2012年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Micro Psychic

f0071362_6293074.jpg

ボルトとナットが何もしないのに外れるネタは、わりと昔からありましたが、クライス社は凄いの作ったなぁ~
この会社のバランスという爪楊枝ネタも驚愕の加工技術でしたが驚くばかりです。
手で握ってなくても、パワーを送るとネジが外れます。すごい!!

扱いやすくすぐに演じれますが、このサイキックネタは、なりきることが大切で、ひょっとしたら本当になにかパワーあるのか??と思わせる演技が一番難しいかも!
[PR]
by ElectricSheeps | 2012-11-30 06:46 | Magic
みかめくらふとの作品は、質感もよく長く使える作品が基本ですが、なかでミステリーキーホルダーは現象がビジュアルで鎖の通った穴が移動しちゃいます!!!

しっかりした作りで、ネタはきわめてシンプル
しかしまあ最近のホテルは、オートロックで磁気カードキーが主流で、老舗の温泉宿か古いホテルしかこの手のキーホルダーが使用されてないのは現実

まさに、ホテルニュー越谷~♪そんなレトロな感じもいい感じです

f0071362_21129100.jpg

[PR]
by ElectricSheeps | 2012-11-28 21:12 | Magic

パスの練習

パスて魚釣りのフナ釣りみたいなところがあって、基本でありながら奥が深い。
さまざまなアレンジや技法が生まれており、すべてをマスターするには大変!!!
パス関連のDVDもなんだかんだいいながら、沢山買ってしまっている。

そんな中でも結局クラッシック・パスが基本中の基本
理屈はDVDとかで理解できても、結局は練習!!体で覚えないとなかなか上手くなれない。
f0071362_021201.jpg

過去結局一番効果的だったのは、コレ!!
スチールの板で練習する。パス専用の道具です。
一時期ずーと握って練習して、通勤の電車の中で大きな音出したり、落としたりしていました。
慣れると音も小さくなり、コントロールも上手になってきます。

ずっしり重くて、指の筋肉もパス用に鍛えられます。
なによりこのスチールで練習した後に、デックに持ち帰ると羽のように軽く感じ、確実にスピードが増します!!
いまさらながら、連休は、また練習しています。初心忘れずパスに始まりパスに終わるです。
[PR]
by ELECTRICSHEEPs | 2012-11-25 00:21 | Magic

実写の動画あっても良いかなと思ったけど、単にチーン!て鳴るだけ。
このマジック、演者のウェイトが大きいなぁとあらためて実感。
楽しい喋りあっての、チーン!て鳴るヤツ!?
[PR]
by ELECTRICSHEEPs | 2012-11-24 22:17 | Magic
f0071362_10422994.jpg

テンヨーの異色作品であるバイオショックを入手。
ステージのイリュージョンを手のひらで再現。
視覚はわずかな符号で、認知を組み立てることが良くわかります。

あえて不満を言うなら、ネーミング!バイオて言葉が流行ってた時なんでしょうけど
なんでバイオなのか不明??ネーミングは流行りで付けるのは良くないなぁ~


作りも丁寧で、コンパクトやるなぁテンヨー!

[PR]
by ElectricSheeps | 2012-11-23 10:52 | Tenyo
f0071362_21324119.jpg

テンヨーの廃盤収集も熱が醒めぬまま、またひとつ入手!
このピラミッドミステリーは、やはりテンヨーの精巧なつくりを、体感できるトリックです。

現象は、ピラミッドの前に置いたサイン入りのコインが、ハンカチをかけるとコインが消えてピラミッドの中の棺から現れるという、まさにミニイリュージョンです。

現象もさることながら、トリックの構造とその動きが、見所でもあります。
惜しいのは、少しカタカタ音がするとこですが、ファラオの霊だとか適当なこといって、笑いをとってます。
私は消音のために少し加工して使用しています。

テンヨー製品は、工業製品化しないと実現できない、→大量生産可能→製造し売り切る
したがって、いわゆる再販する可能性は低く過去の、いい作品が入手できない状態があるように思う。
まだあと少し、入手したい名品がありますが、気長にまちましょ~
[PR]
by ElectricSheeps | 2012-11-17 21:44 | Tenyo

松旭斎八重子プラスワン

f0071362_749322.jpg

いままで行った事なかった寄席に!ということで浅草演芸ホールに、もちろん落語も楽しみましたが
やはりマジック!とはいっても実は日ごろなじみのあるマジックバーのクロースアップとは違う世界!
いわゆるステージマジックです。
f0071362_7591617.jpg

松旭斎八重子師匠がシルクや花をロープ使い大きく派手に魅せます!!!
中でもロープを使ったネタは、すごいな~マジックのまた新しい世界を知ったような驚きが!すごいじゃん!
かなり本気でやってみたくなるのでした。
寄席は約4時間、場合によっては夜までいれば8時間も楽しめる。凄い知らない世界がありました。

松旭斎という日本の奇術の正統系の流れは、大好きなテンヨーや引田天功→ナポレオンズ→と脈々とながれているんだなぁと思いつつ今日もマジック道楽の日々
[PR]
by ElectricSheeps | 2012-11-15 08:02 | Magic

緊張と緩和

いろいろネタあっても、必ず演じるテッパンネタというのがあって、それは3シェルとおしゅーまい!
オチがつかない3シェルと、一発芸的なおしゅーまい!を組み合わせるといい感じで演じられます。

まず3シェルで入れたピーが、違うところから出てきて、観客は????何度かするとやや固い空気になります。
今日は種明かしします。秘密はこのピーですといって、オシューマイをだすと一気にゆるみ笑いがでます。
落語家の桂枝雀師匠の言うところの緊張と緩和です。

最近はクルミからこの蒸篭のミニチュアで行うことで、一応ストーリーもある感じになります。
最後にシューマイが出てくると、ハズレなしに受けます。

まあバカバカしいくらいが、楽でいいんですよね。ゆるーい感じの芸風をめざしてがんばろ!
f0071362_7373976.jpg

[PR]
by ElectricSheeps | 2012-11-13 07:43 | Magic
f0071362_19114449.jpg

すっかりテンヨーばかりだが、何故テンヨーか?
まずマジックのメーカーとしては、数量ともに、世界一であり
そうであるがために、徹底したクオリティ管理、完成度そして子供から大人まで扱える簡単さであり、その厳しいハードルを超えたトリックは、素晴らしい作品が多い


今回紹介するリングミステリーは、まさにテンヨーらしい作品
誰でもすぐに演じられ、驚くべき現象を実現します。剣がケースとリングを貫通し優れたロックシステムで手にとって確認ができます。
まあ欲をいえば、質感を高めた高級バージョンは、あるといいなぁと少し思うところで、テンヨーエリートシリーズもちゃんとリメイクしてくれと思うファンは多いと思う
いつかテンヨーで採用されるトリックを開発するのが、大きな夢です。


iPhoneから送信
[PR]
by ELECTRICSHEEPs | 2012-11-10 19:11 | Magic

【テンヨー】Squeeze Play

f0071362_253696.jpg

すっかりテンヨーの絶版にはまってる今日この頃ですが、そんななかでも変り種であるSqueeze Playを
入手いわゆる貫通物ですが、フリスビーのような円形二枚の間に、これまた怪しい厚みのある
小さな円盤が貫通して下に落下します。なんともマジックらしくないマジックです。
演じるには少しコツがいります。が現象はビジュアルでわかりやすいマジックです。
[PR]
by ElectricSheeps | 2012-11-08 02:59 | Tenyo